退職代行を使った体験談や一例を紹介!20代事務職で妊娠したEさんの場合#9

妊娠で退職する女性 体験談や一例
この記事は約3分で読めます。

結婚後も退職することなく働き続けていると、妊娠という幸せな場面になることがあります。

 

しかし、一部の会社では「育児休暇をして欲しくない」という企業もあるようです。

  • 悪阻(つわり)でも働いてもらわないと困る
  • 多少の悪阻なら出社してきて!

人によって悪阻のひどさは様々ありますので、会社側では理解力が必要な時です。

 

そこで今回は、妊娠を機に退職したケースについてご紹介していきます。

 

悪阻がひどくて休ませてください・・・

たかが悪阻で休まないで。

 

20代女性、一般企業OLの場合

退職したい

 

 

高校卒業後、地元の中小企業に就職しました。就職してから8年目に結婚、翌年に妊娠しました。
仕事は続け、出産育児休暇を取り産後に仕事復帰しようと考えていましたが、現実は違いました。

 

妊娠3ヶ月頃から始まった悪阻。
何も受け付けず吐いてばかりの日々。それでも、なんとか仕事に行ってましたが、重度の妊娠悪阻で入院になりました。

 

会社に連絡すると、『たかが悪阻で入院だなんて』と、総務の女性の上司に言われました。

その時、『この会社辞めよう』そう思いました。

 

 

妊娠したことで、周りに負担を掛けていることに申し訳なさも感じていましたし、できる範囲で頑張ろうと思っていましたが、上司に言われた一言でもうこの会社で働くの無理だなと思いました。

 

夫に相談したら、入院中に退職手続きは大変だから、退職代行にお願いしようという話になりました。

 

退職代行に相談してすぐに手続きをしてもらいました。
仕事を休んだ分は有給消化してもらったり、給与や退職金など全てお任せしました。

 

私と会社と直接のやりとりは一切なく、退職代行の方とやり取りしてくれたのでストレスを感じることなくスムーズに退職することができました。

 

しばらくして悪阻も落ち着き、無事に出産することができました。

子どもが1歳になるのと同時に就活と保活をして、転職しました。

 

今は子育てママに理解のある企業に勤めています。会社の中に保育園があり、子供と同じ時間に出勤し帰宅できます。園からの急な呼び出しにも柔軟に対応してくれる社内の雰囲気や社員の方々、こんな会社で仕事ができて嬉しいです。

 

まずは退職代行に相談だけでもしてみる

妊娠は母親だけでなく、赤ちゃんにとっても大切な期間です。

 

あまりストレスを抱えてしまうと赤ちゃんにも影響が出てしまっても戻すことができません。

仕事でストレスを感じたのなら、無理はしないで仕事を休む、または退職する方法も考えた方がいいでしょう。

 

その会社に依存しなくても他にも企業はたくさんあって、子育てにも優しい体系のところに切替ても良いかもしれません。

 

退職代行サービスおすすめランキング

ここではオススメする退職代行サービスをご紹介します。

1.退職代行ガーディアン
退職代行サービス

退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合です。
「低費用」「確実性」があるサービスを特徴としており、アフターフォローも充実しています。

費用は29,800円です。

2.辞めるんです
退職代行サービス

辞めるんです退職代行サービスは、有給サポートサービスを利用して円満退社へ導いてくれるサービスです。
相談回数は無制限で有給休暇もしっかりサポート。退職届テンプレートも無料でもらえるので、初めて退職する方でも安心です。

費用は27,000円です。

3.退職代行Jobs
退職代行サービス

退職代行Jobsは、弁護士指導の適正業務をしているサービスです。退職届のテンプレートも用意されているので、退職完了までスムーズに進むことができます。

通常、49,800円のところ、キャンペーン価格29,800円で代行可能です。
※キャンペーンが終了となる場合がございます。

この記事を書いた人
山本

本記事を担当している山本です!

・残業100時間超えの勤務形態
・部下に責任を擦り付けるパワハラ上司
・タイムカード改ざんは当然

これまで過去4回の転職経験あります。
ブラック企業での勤務で鬱状態寸前となり退職。

私と同じ経験を増やしたくない!という気持ちでサイト運営しています。

山本をフォローする
タイトルとURLをコピーしました